一般社団法人神奈川県臨床工学技士会

会長挨拶

ご挨拶

一般社団法人 神奈川県臨床工学技士会 会長 小林剛志(平塚共済病院)

 日頃より神奈川県臨床工学技士会の活動にご理解とご協力を承り厚く御礼申し上げます。また、当ホームページをご訪問して頂きましてありがとうございます。
 まずは、我々臨床工学技士の仕事についてご紹介させて頂きます。現代の医療殆どが、器官(臓器)別・業務別(検査・画像診断・リハビリ等)であることにお気づきでしょうか? さて、「臨床工学技士」は? と言いますと、非常に珍しい特質を持っています。それは専門とする臓器や業務が決まっていません。個別の器官(臓器)や診断・診療業務等ではなく、機能的分類(生命維持管理機能を主に)に対して立ち上げた臨床重視の国家資格となっているからです。例えば、心臓という臓器ではなく、心臓をはじめとする循環全体が守備範囲となったり、腎臓ではなく、腎臓も含まれた代謝であったり、肺だけでなく、肺も含む換気など、人間がもつ機能に対して工学的サポートを目的に制定されました。
 臨床工学技士の業務を規定する「臨床工学技士法」の条文の冒頭では「臨床工学技士とは生命維持管理装置の操作および保守点検を行うことを業とする者」となっています。現代医療では患者情報(心電図や血圧・画像など)を得て、処理する、治療を行うといったどの行程でも、医療機器が重要な役割を担っており不可欠となっています。さらに医療機器の安全な使用法や管理も手薄になっており、せっかくの治療が十分に発揮されないどころか、場合によっては命すら危うい状況にもなりかねません。現在では、臨床工学技士の業務は、生体機能的サポートだけでなく医療機器全般の安全を確保する業務も追加されるようになりました。
 神奈川県臨床工学技士会では、その業務にあたる臨床工学技士の職業倫理を高揚するとともに学術技能の研鑽及び資質の向上に努め、臨床工学技士及び関連職種との連帯交流を深め、神奈川県民の医療福祉の普及発展に寄与することを目的として活動しております。この活動が皆様の健康に結びつき寄与することが当会の活動意義でもあります。
 当会の今後の発展には、若い臨床工学技士や神奈川県民の皆様のご協力なしでは到底達成できません。今後ともご支援をお願い申し上げます。